アベンヌ温泉水の成分

アベンヌ温泉水は多くのミネラルをバランスよく含み、その成分、水質が一定です。「自然の力を借りて、本来の健康を取り戻す」という基本理念のもと、アベンヌ温泉水は現在も研究が進められています。

アベンヌ温泉水と他の水を比べると、成分量で傑出しているのがケイ酸塩です。この成分は皮膚の上に薄い膜を作り、穏やかに整えて保護しながら、肌を安定してスベスベの状態に導いてくれる効果があります。
  • ケイ酸塩が皮膚の上に薄い膜をつくります。
  • アベンヌ温泉水が皮膚に浸透し、スベスベの状態にします。
  • ケイ酸塩の膜が肌を保護し、うるおいをキープします。

アベンヌ温泉水の主成分(mg/L)カルシウムイオン:51.3、マグネシウムイオン:26.7、ナトリウムイオン:4.8、カリウムイオン:0.5、炭酸水素イオン:271.5、二酸化ケイ素:10.6、微量元素 他。[肌をうるおす 2:1のバランス]カルシウム 2:マグネシウム 1