アベンヌとは

アベンヌの“深層ミネラル温泉水(※)”とは

はじまりは、海で蒸発したミネラルを含んだ水。その水はアベンヌ周辺のセベンヌ山脈に雨となって降り注ぎ、5億年前の古く複雑な地層を約50年かけて通り抜けます。

独自のミネラル成分と岩盤特有の微生物相の2つが混じり合い、唯一無二の特徴を有する“深層ミネラル温泉水”が誕生し、“肌にいいミネラルバランス”を持つ水として、アベンヌ村に湧き出ています。

※表示名称:温泉水

アベンヌ温泉水が持つ2つの「チカラ」

アベンヌ温泉水は海と大地、その両方の多種多様のミネラルをバランス良く含んでいます。
自分自身でうるおいをつくり、蓄えることが出来にくい肌(例えば敏感肌)にとって、
このミネラルのチカラは肌を健やかに導く重要な役割を担うことができるのです。

ミネラルがもたらす肌への効果

アベンヌのミネラルバランスの効果で、皮膚のターンオーバーが整えられ、
きめの整ったなめらかな肌が作られます。

  • カルシウム:マグネシウム2:1の割合

    グッドミネラルバランスが、健康な角層をつくる

  • 二酸化ケイ素が豊富

    肌表面に薄い膜をつくり、
    皮膚を滑らかにして保護する

  • 皮膚に良い「微量元素」(Zn、Sr、Liなど)

    皮膚の代謝を整える

アベンヌ“深層ミネラル温泉水”配合の製品