肌ケア情報

ストレスと対処法

過度のストレスは、
肌のトラブルや病気の引き金に!

ストレスとは何らかの刺激を受けたときの反応であり、脳から自律神経を経て命令が伝わって、カラダが緊張状態になることです。

ストレスというと悪いものと決めつけがちですが、ストレス学説で有名なハンス・セリエ博士が「ストレスは人生のスパイスである」と言っているように、適度なストレスは交感神経系を目覚めさせ、判断力、行動力を高めるという良い面もあります。

肌はストレスによる症状が最も現れやすいところと言われています。過度のストレスは皮膚の血管の収縮、男性ホルモンの増加や免疫機能の低下などを引き起こします。その結果、ターンオーバーが正常に行われなくなり、皮脂の過剰分泌や紫外線によるメラニンの増加を促進し、さまざまな肌トラブルを起こし、バリア機能も低下します。

ストレス状態が続くと、身体の中では脳や筋肉への血流が増加し、血圧や心拍数が高まります。逆に消化器官など、内臓への血流は減少して機能が低下します。このような状態が長く続くと内臓や自律神経に影響が出始め、さまざまな病気の引き金になってしまいます。

自分らしいリラックス法や
リフレッシュ法を見つけましょう!

  1. 1)ゆっくりとぬるめのお湯につかる。
  2. 2)好きな音楽を聴いてリラックスする。
  3. 3)アロマテラピーでくつろぐ。
  4. 4)水泳やエアロビクスなど全身を動かす有酸素運動で軽く汗を流す。
  5. 5)運動不足なら、ヨガやストレッチをする。
  6. 6)家族や親しい友人と食卓を囲んだり、お茶をしておしゃべりする。
  7. 7)絵を描く。
  8. 8)土いじりやガーデニングをする。
  9. 9)ちょっと凝った料理に挑戦してみる。
  10. 10)旅行に行く。ドライブをする。
  11. 11)部屋の模様替えをする。

不快なストレスはため込まず、自分にあった解消法で肌と身体の健康のために、積極的にリフレッシュしましょう。

BACKNEXT