肌ケア情報

お肌のお手入れとメーク

洗顔はぬるま湯が基本!
夜は洗顔後、乾燥する前にスキンケアを。

熱すぎるお湯は肌に良くないので、ぬるめのお湯で洗顔しましょう。洗顔後は良く泡立てて、肌のザラつきなどが気になってもゴシゴシチカラを入れずに洗います。すすぎも念入りに行いましょう。
場合によっては洗顔料を使わずに、ぬるま湯のみで洗い流しても構いません、また、乾燥が激しく洗顔がつらいときは、アベンヌウオーターをスプレーして、軽くコットンやティッシュで押さえたり、ローションで拭き取るくらいでも良いでしょう。

夜の洗顔は、湯船でゆっくり全身を温めた後、冷たい水で洗顔すると顔のほてりがおさまり、毛穴もキュッと引き締まります。ただし、洗い流しタイプのメーク落としを使う時はぬるま湯を使いましょう。

洗顔後、やさしくタオルドライしたら、肌が乾燥する前に即、スキンケアを。特にカサつきやすい肌には、素早い保湿ケアがとても大切です。まずはアベンヌウオーターで肌を落ちつかせるといいでしょうたっぷりスプレーして細かい霧状の温泉水に包まれたら、しばらくそのままにして肌になじむのを待ちます。そうすると、化粧水の肌なじみも良くなり、スキンケア効果がアップします。

メーク前に下地クリームを使って
肌をなめらかにしておくのがコツ。

メークはファンデーションを使う場合には、肌にやさしい下地クリームなどを使って肌をなめらかにしておくと肌への摩擦が軽減されます。力を入れず、なでるようにつけていくのがコツ。
アベンヌのデイプロテクターUV EXを下地として使用すれば、サラッとした仕上がりになり、化粧くずれしにくい上に、紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。

ファンデーションは、肌に負担のかからない
ものを選びましょう!

ファンデーションは、目的や肌の状態と、どんな成分がどんな形で配合されているか確認して、肌に負担のかからないものを選びましょう。リキッドタイプのファンデーションは伸びが良く、保湿効果が高いのでしっとりみずみずしい仕上がりに。パウダータイプのファンデーションは手軽に使えて、ふんわり柔らかく仕上がります。好みに合わせてリキッドの上からパウダータイプを重ねて使う方法もあります。アベンヌのトリートメント パウダーファンデーションなら水あり使用や、仕上がり時にアベンヌウオーターを軽くスプレーすることで、ぴったりと肌にフィットし、落ちついた仕上がりになります。

スキンケア、サンケアの際、顔のお手入れはもちろんですが、首のケアも一緒に行いましょう。首は皮膚が弱く、加齢によりたるみやすく、動きが激しいために深いきめが横方向に流れるといわれています。姿勢に気をつけることを含め、マッサージやUV対策などの心がけで随分印象がかなり変わってきます。

BACKNEXT