肌ケア情報

肌の構造とメカニズム

紫外線や偏食、ストレス、喫煙、飲酒が、皮膚を老化させ、疾患や不調の原因に。

人間の皮膚は大きく分けて表皮と真皮の二つの層で成り立っています。真皮は表皮の内側にあり、皮膚の機能を内側から支え、水分量を一定に保ち、弾力やハリを守る働きを担っています。表皮は皮膚の最も外側にあり、紫外線や外気など外的刺激にさらされている部分です。表皮の細胞は、通常6週間をサイクルとして生まれ変わります。これがターンオーバーです。

何らかの要因によってこのターンオーバーのリズムが乱れると、肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると、外部刺激が肌内部に入り込み、肌内部からの水分が奪われてしまうため、乾燥などの肌荒れを起こしたり、肌が敏感に傾いたりしてしまいます。バリア機能を整えるためには、紫外線や乾燥などの刺激から肌をまもり、肌のうるおいバランスを整えるケアを行うと効果的です。

外的刺激だけでなく、体の内側の働きが肌に影響を与えることもあります。フリーラジカルという不安定な分子は、紫外線や偏食、ストレス、喫煙、飲酒などにより発生します。これが過剰につくられると皮膚の細胞の酸化が進み、老化の促進や疾患、不調の原因へとつながります。これをくい止めるためには、フリーラジカルができやすい環境をできるだけつくらず、抗酸化作用を持つ物質を取り込むことが必要です。

前向きな気持ちでのスキンケアが、すこやかで美しい肌を生む秘訣。

肌は、体内バランスを保とうとする生体恒常性、ホメオスタシスという働きが影響します。人間の体温が、夏や冬であっても36℃前後に保たれたり、寒い時に皮膚の表面の毛細血管が収縮して体温を外に逃がさずに外部の環境変化に対応したり(このとき鳥肌が立ちます)、暑い時に皮膚の表面の毛細血管が拡張して熱を外に逃がし、汗をかくことで気化熱により皮膚表面の温度を下げるように働くのは、ホメオスタシスの働きです。ホメオスタシスは肌を健康な状態に保つことにも一役買っています。

このように、私達の身体はみな、巧妙なバランス感覚をもって大切な内部環境を守っています。前向きな気持ちでスキンケアをすることも、すこやかで美しい肌になるためには大切なことなのです。

肌の状態が整ったら、外敵刺激にも内部刺激にも左右されにくい抵抗力をつけるため、規則正しい生活(特に睡眠)、バランスのよい食事、適度な運動によって代謝や機能を高め、身体も心も気持ちよく保ちましょう。

抵抗力の落ちたあれた肌抵抗力のある健康な肌
BACKNEXT