サイえんすとマナぼ!

大切な肌のうるおいバリア

秋から冬場にかけて、急にお肌の乾燥が気になってくる方も多いと思うけど、その原因の1つに、「うるおいバリア」の低下があるよ。バリアが低下したままだと、お肌の乾燥が進むだけではなく、肌トラブルが起きやすくなっちゃったりするから注意が必要だよ!「うるおいバリア」を保つには、「保湿のスキンケア」をしっかりすることと、生活習慣もちょっと見直してみると効果的だよ♪

“うるおいバリア”ってなに?

皮膚からの水分蒸散を防いだり、アレルギー物質や病原菌などが皮膚内に入るのを防ぐための皮膚の機能で、皮脂・天然保湿因子・角層細胞・細胞間脂質などから構成されています。
皮膚が健やかな状態であるためには、角層の“うるおいバリア”がしっかりと機能していることが大切です。

しかしながら、気温の低下や乾燥などにより、皮脂などの分泌が少なくなると、皮膚内の水分が蒸散して乾燥肌を引き起こすと共に、アレルギー物質やさまざまな刺激が皮膚内に入りやすくなり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

健康な皮膚拡大図

うるおいバリアが低下した皮膚

とっても重要な"うるおいバリア"のはたらきだけど、角層ってお肌の一番外側にあって、実は食品用ラップフィルム位の厚さしかないんだよ!だから、タオルでゴシゴシこすったり、爪でお肌をボリボリ掻いたりするだけで、簡単に角層は傷ついちゃって、うるおいバリアは低下しちゃうんだ。

そうなるとお肌は、乾燥、敏感、チクチク…っていう悪循環がおきやすいから、気を付けないといけないよね!健やかなお肌のためのポイントは、お肌を「乾燥させない!」、そして「こすらない!」ことなんだよ!

『うるおいバリア』を低下させやすい要因 ・気温・湿度の低下 ・熱いお風呂に入る ・脱脂力の強い洗浄料を使う ・タオルなどでゴシゴシこする ・爪をたてて掻く ・日焼けする

『うるおいバリア』を正常に保つために ・刺激の少ない方法で洗う ・保湿のスキンケアを行う ・肌をこすったり ・掻いたりしない ・日焼け止めを塗る

健やかなお肌のためには、もちろん「清潔」にすることも大事だよ!お肌をきれいにして、しっとりさせるには、やっぱりお風呂だよねぇ~♪あたたか~いお風呂にゆっくり入るのは、健康にもいいよね!でも実は、お風呂の入り方にも注意が必要なんだよ!

入浴時の注意事項

お風呂につかると皮膚表面の水分量がアップしますが、入浴直後から皮膚は急激に乾燥し始めます。そのままにしておくと、皮膚の水分量は入浴前より減ってしまうのです。

それは、脱脂力の強い洗浄料を使ったり、肌をゴシゴシ洗ったり、熱いお湯に入ったりすることで、皮脂のみならず、細胞間脂質などまで洗い流され、うるおいバリアが弱まり、乾燥しやすくなるためです。

また、皮膚温が上昇するため、広がった毛穴からも水分がどんどん蒸散してしまい、乾燥状態が加速します。

せっかくお風呂に入ってお肌がしっとりしても、その後に、入る前よりも乾燥しちゃうなんてショックだよね~。特に、熱いお風呂には注意が必要だよ!乾燥肌などで悩んでいる方におススメの温度は38℃位なんだけど、冬場はちょっとぬるく感じちゃうかな?でもぜひ試してみてね!

うるおいバリアを保つ、入浴のポイント

・肌はこすらず、やさしく洗おう! ・乾燥肌を誘発する、熱めのお風呂には入らないようにしよう! ・入浴後の水分は、タオルで押さえるように吸い取り、ゴシゴシふき取るのはやめよう! ・保湿のスキンケアは、入浴後できるだけ早く、5分以内には終わらせよう!

「カンタンらくらくな保湿クリームの塗り方」 はこちら!

お風呂の入り方や、その後の保湿ケアの仕方を少し見直すだけでも、うるおいバリアを保つことができるんだね♪大事なのは、ちゃんと毎日続けること!毎日無理なくスキンケアを続けるためには、使い心地の良い、肌にやさしい製品を選ぶことも大事だよね!ボクがおススメする、「カンタンらくらくな保湿クリームの塗り方」もぜひチェックしてねぇ~♪
  • 汗とスキンケア
  • サイえんすとマナぼ! インデックス
  • カンタンらくらくな保湿クリームの塗り方
topへ