サイえんすとマナぼ!

化粧品の全成分表示

みなさんは化粧品を選ぶとき、何を気にして選んでる?しっとり!さっぱり!といった使用感、いい香りのものや、反対に絶対無香料!という方もいらっしゃるかもしれないね♪

敏感肌の方、特に今までに化粧品でカブレたり、アレルギー症状を起こしたことがある方などは、その化粧品に入っている成分にも気を付けることが大事だよ!化粧品の容器や外箱に書いてある『全成分表示』って、知っているかな?

化粧品が肌に合わない理由と注意点

一時的な刺激による場合(一時刺激性接触皮膚炎)

体調や季節の変わり目、肌のバリア機能が衰えている時などは、誰でも外部からの刺激を感じやすくなります。
普段使っている化粧品が急にピリピリしたり、痒くなったり、でも時間と共に症状が軽くなる…などはこちらのケース。
バリア機能が回復して肌が落ち着けば、普段通り使えるようになることが多いです。

うるおいバリアが低下した皮膚

健康な皮膚

成分にアレルギーがある場合(アレルギー性接触皮膚炎)

特定の成分に対して、アレルギーをもっている人だけに起こる皮膚炎です。

ある成分が肌に触れた時にからだの免疫システムがその成分を異物と判断してしまうと、
次にその成分に触れた時にアレルギー症状が起きてしまいます。

この場合、いったん異物と判断された成分に対しては常にアレルギー反応が起きてしまうので、
その成分が入っていない化粧品を選ぶことが大変重要です。

特にアレルギー体質の方は過去に問題のなかった成分でも、
繰り返し使用するうちに突然アレルギー症状を起こすようになることもありますので注意が必要です。

化粧品が肌に合わない理由には大きく二つあるんだね!特に、特定の成分にアレルギーがある方は、その成分が入っている化粧品は、メーカーを変えても使えない…ってことなんだね。

化粧品が肌に合わなかった時には…

化粧品にカブレたら、水などですぐに洗い流し、使用を中止してください。
使用を中止しても症状が続く場合や、再度使用して再び症状が強く出た場合などは、
皮膚科を受診してください。
その際に、使用した化粧品とその外箱なども持参して、医師に見せるとよいでしょう。

必要に応じて「パッチテスト(※1)」を受けることで、
その化粧品が原因かどうか、また、含まれるどの成分に合わなかったかがわかる場合があります。

(注:「パッチテスト」を実施していない皮膚科もあります。
 また、成分を特定するパッチテストは、一部の大学病院皮膚科などのみで積極的に実施されています。)

※1:『パッチテスト』とは、
アレルギー性接触皮膚炎の診断確定、原因解明などのために行う検査で、
原因と疑わしい物質を皮膚に接触させ、その部位に皮膚炎が生じるかどうかを調べるもの。
通常、背中の外見上正常な皮膚に48時間貼布するが、その間、入浴、シャワーや発汗の多い労働・スポーツなどは控える必要がある。
貼布48時間後、72時間後、そして1週間後など複数回判定する。

パッチテストをすると、どの化粧品がカブレの原因だったかがわかったりするんだね!

でも、丸2日間もシャワーが浴びれないとか、汗かいちゃダメとか、判定のために何度も診察を受けに行かなきゃいけないとか、いろいろ大変なこともあるので、パッチテストをしてもらう必要があるかどうかはお医者さんとよく相談してね♪

化粧品の「全成分表示」と注意事項

現在化粧品は、配合されている化粧品原料(成分)すべてを、容器又は外箱に記載する『全成分表示』が
薬機法:「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(旧薬事法)により定められています。

しかしながら、「香料」についてはいくつかの成分から作られているものであっても
「香料」とまとめて記載して差し支えない、などの例外もあります。

また、薬用化粧品(医薬部外品)の全成分表示については、
日本化粧品工業連合会の自主基準となっていますが、法律で決められたものではありません。

「全成分表示」と言っていながら、法律上記載しなくてよい場合があるなんて、驚きだね!だから、化粧品にカブレやすい方は、化粧品を使用・購入する際には以下のことに注意してね!

◆自分が何に対してアレルギーがあるかを知っている場合は、その成分が入っているものは絶対に使用しない。

◆自分がアレルギーを起こす成分がわからない、もしくは入っていないと思われる化粧品であっても、必ずサンプルや試用見本で試してから使用する。(※2)

◆香料にアレルギーがあると言われた方は、「無香料」の製品を使用するか、必ずサンプルや試用見本で試してから使用する。

◆特に初めて使用する化粧品の場合は、一度に複数の商品を購入・使用せず、一品ずつ試しながら様子をみて使用する。

※2:サンプルや試用見本を試す方法としては、自分で行うパッチテストがあります。
① 化粧品適量を、夜(入浴後)に二の腕の内側など、皮膚のやわらかいところで外見上正常な皮膚に塗る。
② 24時間様子をみて(その間、入浴やシャワー、発汗の多い労働・スポーツなどは控える)、
腫れやかゆみ、赤みなど、異常がないかを確認する。
③ 二の腕のテストで問題がなければ、フェイスラインなどに少量を塗って、再度異常が出ないかを確認する。

自分で行うパッチテストの途中で異常が感じられたときは、すぐに水で洗い流してください。
また、症状が続くようであれば、その化粧品を持参して皮膚科を受診してください。

いつも使っている化粧品でも、急に合わなくなることもあるから注意してね!

そして、いつもと同じ化粧品だと思っていても、リニューアル商品などで中味成分が変更になっている場合もあるので、特にアレルギー体質の方は、必ず全成分表示を確認してから使用してね!

2017年3月にリニューアル発売の「アベンヌの商品」で説明するよ!

旧製品
アベンヌ スキンバランスローション SS
温泉水
PEG-7グリセリルココエート
ソルビトール
ステアラルコニウムヘクトライト
フェノキシエタノール
EDTA-3Na
香料
新製品
アベンヌ スキンバランスローション SS n
温泉水
PEG-7グリセリルココエート
加水分解水添デンプン
ステアラルコニウムヘクトライト
フェノキシエタノール
EDTA-3Na
香料

アベンヌ スキンバランスローションのリニューアル前の旧製品と新製品との違いは、
配合成分が1つ入れ替わっただけ(ソルビトール⇒加水分解水添デンプン)。
そしてこの成分は両方とも、保湿剤として配合されているので、
この2つの商品は同じコンセプトで作られたものとなります。

同じ名称の化粧品として販売されていても、一部の成分を変更している可能性もあるってことだね!

だから、特に化粧品の成分にアレルギーがある方は、初めて使うときはもちろんのこと、同じ商品を再購入する場合にも、事前に「必ず自分で全成分表示を確認する!」、そして敏感肌の方も含めて「サンプルや試用見本を試してみる!」ってことが、とっても大事になるんだね!

ちょっと面倒くさいけど、習慣にして、いつも健康なお肌でいようね~♪

  • 紫外線をマナぼ!
  • サイえんすとマナぼ! インデックス
  • 敏感肌
topへ