サイえんすとマナぼ!

紫外線と日やけ止め

みなさんは、日やけ止めを購入する時、使用する時は、どのようなことに気をつけているかな?いくつかあるポイントの中でも、「日やけ」そのものに関係してくるのが、「紫外線防止効果」だよ。「SPF」とか、「PA」って、見覚えがある人も多いかもしれないね!

紫外線の種類

紫外線は波長の短いものから順にC波・B波・A波と呼ばれ、波長の短いものほどエネルギーが強く人体に様々な影響を及ぼします。最も波長の短いC波と、B波の一部はオゾン層で吸収され地表には届きません。

オゾン層は、強力な紫外線からボクたちを守ってくれているんだね!

紫外線B波(UVB)

皮膚に強く作用して、赤く炎症を起こしたり、水ぶくれができるなど、やけどのような症状(サンバーン)の原因となります。また、シミ、しわなどの原因にもなります。「レジャー紫外線」とも呼ばれています。紫外線A波に比べて地上に降り注ぐ量の変動が大きく、冬場や、雨天、曇天時には紫外線B波量は激減します。

夏に海に行ったり、炎天下で遊んだりして、皮膚が真っ赤になったり、時には水ぶくれになったりするのは、紫外線B波のせいだったんだね。日やけしちゃうと痛くって、寝返りもうてなくなったりするよね。とにかく、このB波をしっかり防がなくっちゃ!!

紫外線A波(UVA)

雲や窓ガラスも通過し、1年を通して降り注ぐため、「生活紫外線」とも呼ばれています。既にできてしまったメラニンを酸化して、直後に一時的に肌を黒くする作用があります(サンタン)。また、肌の奥深くの真皮にまで影響を与え、線維芽細胞やコラーゲンなどにダメージを与え、皮膚の弾力を失わせることによって、しわ・たるみの原因となってしまいます。
日常で浴びる紫外線の約9割はA波といわれています。

紫外線A波は、お天気が悪くても、そして冬でも地上に届くんだね! 曇りだからと思って日やけ止めを塗らずに遊んでいて、なんだか肌が黒くなってしまうのは、A波のこの特徴のせいだったんだね。ガラスも通り抜けるなんて、うっかり窓際でお昼寝もできないや! 短時間の洗濯物干しや、お買い物にも注意が必要だよ。

SPF値とPA分類

  • ●「SPF」はSun Protection Factor の略語で、紫外線による日やけ(サンバーン)の防止効果を表します。主として「紫外線B波」の防止効果を表し、数値が大きくなるほど防止効果が高くなります。(50+が上限表示)
  • ●「PA」はProtection Grade of UVA の略語で、「紫外線A波」の防止効果を表します。PAは「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表示され、「+」の数が多いほど防止効果が高いことを示しています。

紫外線A波は、お天気が悪くても、そして冬でも地上に届くんだね! 曇りだからと思って日やけ止めを塗らずに遊んでいて、なんだか肌が黒くなってしまうのは、紫外線A波のこの特徴のせいだったんだね。ガラスも通り抜けるなんて、うっかり窓際でお昼寝もできないや! 短時間の洗濯物干しや、お買い物にも注意が必要だよ。

生活シーンに合わせた、日やけ止めの選び方

紫外線を防ぐためには、SPFもPAも高い日やけ止めを使ったほうが良いよね?

ちょっとした外出や、部屋の中に降り注ぐ、いわゆる生活紫外線への対応には、高いSPFやPAの日やけ止めまでは必要ありません。生活シーンに合わせて、最適な値の、使い心地のよい日やけ止めを選びましょう。
大切なのは、使用量を守ること。また、2~3時間に1度、こまめに塗り直すのが理想です。

生活シーンに合わせた日やけ止めの選び方の目安

紫外線防止効果表示の測定方法

日やけ止め効果のある商品に記載されている、SPFやPA表示は、
国際SPF測定法に定められている塗布量、
1cm2あたり2mgを皮膚に塗布して測定した結果です。
つまりこの塗布量と同量を肌に塗布したときに、
初めて表示のSPFやPAの効果を得ることができます。

製品に書かれている使用量は、この量が基準となっているんだね。

せっかく日やけ止めを塗るなら、ちゃんと効果が出るように、使用料をまもって、塗り直しも忘れないようにしようネ!

セレクチオーズは、肌のうるおいバリアを高めるために重要な細胞間脂質を増やして、しっとりした肌にしてくれるんだね!
  • カンタンらくらくな保湿クリームの塗り方
  • サイえんすとマナぼ! インデックス
topへ