• TOP
  • >
  • 研究成果
  • >
  • エイジングケア

研究成果

エイジングケア

アベンヌはハリ・弾力のカギ「ビタミンA」を持続的に活用する新処方「活性型ビタミンAフル活用処方」の開発に成功しました!

アベンヌ皮膚科学研究所は、ハリ・弾力のカギ「ビタミンA」に着目し、研究開発を進めてきました。
その結果、活性型ビタミンAである「レチナール」を持続的に活用する新処方、「活性型ビタミンAフル活用処方」の開発に成功しました!
紫外線などにより、失われがちなビタミンAを継続的に補い、ハリ・弾力にみちた肌へ!

ビタミンAってなに?

「ビタミンA」は、脂溶性ビタミンの1つで、主に動物性食品に「レチノール」として含まれています。また、植物性食品に含まれるβ-カロテンなどが体内で分解されて作られる成分で、肌のハリ・弾力を保つ効果に優れています。下記の図のように、体中では「レチノール」「レチナール(Retinaldehyde)」「レチノイン酸」、さらに貯蔵型の「レチニルエステル」と変化しますが、アベンヌではこれらすべてを総称して「ビタミンA」とよんでいます。
また、貯蔵型に対して「レチノール」「レチナール」「レチノイン酸」を活性型とよんでいます。

【ビタミンAの生体内代謝】

ビタミンAは、皮膚のターンオーバーを促進することで、なめらかなハリのある肌に保つ成分です。

ターンオーバーとは、表皮の生まれ変わりを意味しています。表皮の細胞は、表皮最下層の「基底層」で生まれ、形を変えながら皮膚表面に向かい、最後は角層細胞となり、やがて剥がれ落ちます。このような肌自らの生まれ変わりにより、表皮は厚みを保ち、なめらかなハリのある状態となります。

 

しかし、皮膚内のビタミンAの量は年齢と共に減少、また紫外線によってほとんど破壊されてしまうことが報告されています。ビタミンAが減ると、皮膚の回復力が低下してしまい、ハリと弾力がどんどん失われていきます。

アベンヌ皮膚科学研究所では、失われがちな”ビタミンA”を効率よく活用する方法を研究してきたよ!ここでは、ビタミンAの効果を持続的に生かす新処方“活性型ビタミンAフル活用処方”について解説するよ!

  • プレトコフェリル:安定型ビタミンE誘導体「プレトコフェリル」を配合。持続的に抗酸化効果を発揮し、ビタミンAを守ります。
  • レチナール:活性型ビタミンAである「レチナール」を配合。紫外線や老化によって失われたビタミンAをしっかりと補給します。
  • GGO:過剰なレチナールを効率よく貯蔵型のレチニルエステルへと変える新規開発成分「GGO(グリシルグリシンオレアミド)」を配合。さらにGGOは糖化を防ぐ「抗糖化効果」もあります。
3つの成分が相互に働くことで、肌のコンディションを健やかに保つビタミンAを長時間しっかりと補給、ハリ・弾力にみちた肌になるんだね!
topへ