仏ピエール ファーブル社のあゆみ(ピエール ファーブル ジャポンについて)

1951年 薬剤師ピエール ファーブル、カストルに薬局を開設。
1960年 トゥールーズ大学との共同研究で、西洋ヒイラギ「ラスカス」から静脈不全薬«CYCLO3»を開発。
1961年 ピエール ファーブル社設立。
1963年 歯科医療メーカー、イナバ・ラボラトリーズを買収。
1965年 化粧品部開設。
化粧品会社クロラーヌ・ラボラトリーズを買収。
1968年 カストルにペロデル研究所を開設。
1969年 化粧品会社デュクレ・ラボラトリーズを買収。
1970~
73年
スペイン、ドイツ、イタリアに子会社を設立。
1975年 アベンヌ村のアベンヌ源泉の水利権購入、並びに再開発に着手。
1977~
78年
アメリカとベネリュクス諸国(オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ)に子会社を設立。
1980年 資生堂と合弁で、パリにシセイドウ フランスを設立。
1986年 資生堂と合弁で、東京に(株)ピエール ファーブル ジャポンを設立。
1987年 トゥールーズに皮膚科学・化粧品研究所を開設。
1988年 IBMと分子模型製作について技術提携を行なう。
1989年 非小細胞性肺癌薬「ナベルビン」を発売。
アベンヌ村に化粧品生産工場を建設。
スイスの製薬会社ロバファルム・ラボラトリーズを買収。
1990年 アメリカのフィジシャン・フォーミュラ・コスメチック社を買収。
アベンヌ村に新アベンヌ テルマリズムセンターとホテルを開設。
サンジュリアンに免疫学・バイオテクノロジー研究所を開設。
1991年 ヨーロッパ及びアメリカの薬事法規制に合致したアキテーヌ・ファーム・インターナショナル工場開設。
(南仏ポー/注射薬・抗有糸分裂薬を生産)
1992年 ガイヤックに植物抽出工場を開設。
1993年 ローヌ・プーラン・ローラー社のロワールジアン工場を買収。
1994年 トゥールーズ(ビグレ)の皮膚科学・化粧品研究所を拡大。
89年に発売した抗癌剤「ナベルビン」は、アメリカFDAの認可を受ける。
1997年 ピエール ファーブル社の医薬品部門と化粧品部門がそれぞれ独立し,株式会社と なる。
1998年 ホメオパシー(同毒療法)大手のドリゾス社を買収。
1999年 協和発酵と提携し、抗癌剤「ナベルビン」を医療用薬品として日本市場へ導入。
旭化成と提携し、抗うつ剤「ドレドミン」を医療用薬品として日本市場へ導入。
2002年 パリで開催された世界皮膚科学会において、ピエール ファーブル社のシンポジウムを開催し、アベンヌ温泉水及び、レアルバオート麦の安全性と有効性について皮膚科医や研究者が発表。
アメリカのMR活動ネットワーク会社、ジェネシスを買収。