テルマリズムレポート

アベンヌ温泉水の恵みで、
肌への希望が広がっていく。

世代を越えて、国境を越えて、世界中で愛されている
アベンヌ ウオーター。その心地よさから、
たくさんの方々にやすらぎと笑顔を届けています。
アベンヌ ウオーターが生まれたのは、南フランス・アベンヌ村。
アベンヌ温泉水の源泉の上には、
皮膚ケア施設、「テルマリズムセンター」が建てられています。
ここには、世界中から皮膚に悩む人々が年間約3,000人も訪れます。
テルマリズムセンターには、ケアプログラムに訪れた子供たちの絵がたくさん飾られています。実はこの絵は、プログラムの一貫で、かゆみなどの皮膚の悩みを忘れるために、ケアの合間に子供たちが自由に描いたものです。本サイトのデザインモチーフとしても使われている、明るい色彩の絵から、この3週間が子供たちにどんな希望をもたらしたか、
おわかりいただけることと思います。

アベンヌ テルマリズムセンター

このアベンヌ温泉水でのケアを、
もっと日本のみなさまに知っていただくために。
2015年の「水のチカラ体験記」は、
フリーランス・ライター&エディターの河辺さんと、
情報サービス業の松井さんをナビゲーターに、
「テルマリズムセンター」のレポートをお届けします。
アベンヌ温泉水を使った2週間のケアプログラムを
体感していただきながら、ゆっくり肌と心をケアしていくこの施設を、
周辺の文化なども交えながら存分にみなさんにお伝えしてまいります。
河辺さんと松井さんがお伝えする、
2015年度版の「南仏アベンヌ 水のチカラ体験記」レポート、
ぜひご覧ください。