肌ケア情報

肌あれ・カサつき

肌のターンオーバーの乱れが原因!?

気温や湿度の低下、紫外線、睡眠不足、体調の乱れやストレス…。肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れると、水分保持力の乏しい角細胞が生まれ、肌あれ・カサつきが起こります。 また、乾燥からかゆみが起こることもあります。

化粧水やクリームで、
水分を逃さないスキンケアを。

肌にたっぷりとうるおいを与えて、水分を逃がさないケアが基本です。

まずは低刺激な洗顔料で、肌に必要なうるおいを残しながら汚れをやさしく取り除きましょう。皮脂を取りすぎてしまう可能性があるので、熱いお湯でのすすぎは避けましょう。洗顔後は敏感肌用の低刺激な化粧品で角層に特に不足しがちな水分と油分をたっぷり補い、肌のモイスチャーバランスを保ちます。

皮膚が薄く乾燥しやすい目もとは、目もと専用のクリームでしっかりうるおいをキープ。また、スプレータイプの化粧水や保護クリームを携帯し、こまめに保湿すると効果的です。

次に全身のケア。気温が下がり、空気が乾燥する季節には特に皮膚が乾燥し、白く粉をふくことがあります。夜中に無意識で身体をかきむしってしまうような、特に乾燥した肌には、お風呂上がりに保湿クリームを塗ることをおすすめします。その場でかゆくなくても、全身に使える保湿クリームでまめにお手入れしましょう。

BACKNEXT