肌ケア情報

外部刺激を受けた肌

肌は外部の刺激に敏感!

毛細血管は、温度変化などの状況に合わせて拡張・収縮しています。ところが急激な温度変化に対応できず、拡張・収縮のバランスがとれなくなると、毛細血管の血管壁が弾力を失い、毛細血管が拡張した部分に血液が大量に流れ込んで熱く感じたり、皮膚が薄い場合は赤く見えたりすることがあります。

外部刺激を受けた肌のスキンケアは、
水分補給と保湿クリームでサポート。

うるおいによりバリア機能を整え、外部刺激から肌をまもりましょう。まず、低刺激な洗顔料で肌に必要なうるおいを残しながら、汚れや老廃物を取り除いたら、たっぷりの化粧水で水分補給。その後、保湿クリームをやさしくのばし、モイスチャーバランスをキープします。そして、肌に負担をかけない日やけ止めや日中用クリームで、紫外線や急な温度変化から肌を まもり、バリア機能をサポートしましょう。

BACKNEXT