肌ケア情報

脂っぽいのにカサつく

ホルモンバランスの乱れや、ストレス、
肌に合わない化粧品、間違ったスキンケアが原因!?

頬の部分や口のまわり、目のまわりなどは、カサカサと乾燥しているのに、Tゾーンはベタついて化粧崩れしやすい、脂っぽいのにカサつく肌…。こんな肌は、顔の部位ごとに皮脂と水分のバランスが異なり、乾燥や気温の変化など、環境の影響を受けてしまいがちです。その原因には、生理前後や季節の変わり目などにおこるホルモンバランスの乱れや、ストレス、肌に合わない化粧品、間違ったスキンケア、日やけなどのダメージ、エアコンによる乾燥などが考えられます。

Tゾーンはさっぱりタイプ、
頬のあたりはしっとりタイプで保湿ケア。

メークをしている方は、きちんと専用のクレンジングでメークを落としてから洗顔をしましょう。洗顔だけで落とそうとすると、肌に負担がかかってしまうので要注意です。洗顔は皮脂を取り過ぎない洗顔料を選び、顔全体を一度洗ってから、脂っぽい部分だけをもう一度洗いましょう。その後、化粧水でたっぷり水分を補給します。一度なじませてからもう一度、肌がみずみずしくふっくらするまでていねいに水分補給することが大切です。その後、サラッと軽い感触の保湿ケアで、補った水分をしっかりキープしましょう。テカりやベタつきが気になるTゾーンはさっぱりタイプ、乾燥しがちな頬のあたりはしっとりタイプと、部分別にケアを変えるのもおすすめです。また、水分と油分のバランスを整える、クリームマスクや、場合によってはコットンマスクに化粧水を含ませてローションマスクをするのもよいでしょう。

BACKNEXT