肌ケア情報

ニキビ・吹き出物

ニキビはストレスが原因!?
症状がひどくなる前に皮膚科医に相談しましょう。

ニキビには思春期のニキビと大人のニキビ(吹き出物)があります。医学的にはどちらも同じもので、どちらもホルモンバランスの乱れにより、皮脂が過剰に分泌されることが主な原因です。

大人のニキビはストレスが大きな原因と考えられ、過度な緊張感、疲労・不眠といったストレス状態が続き、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、皮脂分泌が過剰になってニキビができやすくなります。また、古い角質が残っていたり、肌が敏感になっていたり、バランスの悪い食生活、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しや、間違ったスキンケアなど、複数の原因が考えられるため、治りづらいのが特徴です。

大人のニキビは顎から首にかけてと髪の生え際辺りに多い傾向があります。その他にも乾燥によってバリア機能が低下し、不完全な角層細胞が作られて毛穴がつまりやすくなり、ニキビができることもあります。オイリー肌のみならず、敏感肌にもニキビができるのはこのためです。

ニキビはほうっておくと、どんどん進行してしまいます。毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂がたまって白っぽく見えるのが、ニキビ初期段階の「コメド」。そして角栓が酸化した皮脂や、汚れで黒っぽく見える「黒コメド」になり、アクネ菌が繁殖すると、炎症をともなったニキビになります。さらに、周囲の皮膚が赤くなって固まって"丘疹(きゅうしん)"になり、それが進むと細菌感染を起こし"膿庖(のうほう)"となります。ここでさらに悪化すると噴火口のように穴があき、"瘢痕(はんこん)"となってしまいます。ニキビは皮膚の炎症です。症状がひどくなる前に皮膚科医に相談しましょう。

ニキビ肌は紫外線が苦手。
食生活は皮脂を抑える納豆や玄米がおすすめ。

できてしまったニキビを、触ったりつぶしたりすることは絶対禁物です。また、外出するときは紫外線から肌を守りましょう。紫外線が肌に当たるとニキビの炎症の跡が色素沈着してシミになることがあるので要注意。 寝具をいつも清潔にしておくことや、フェイスラインにかからないヘアスタイルにすることも大切です。

食生活は、脂っこいもの、ナッツやケーキなどをひかえ、皮脂を抑える効果のあるビタミンB2(納豆、玄米、カニ、卵、レバー、など)とビタミン B6(マグロ、ごま、玄米など)、それにビタミンCや、体内でビタミンA(のり、わかめ)に変化し角化をスムーズにさせるβカロチンを積極的に摂りましょう。サプリメントで摂取しても構いません。

ニキビ肌のスキンケアは、
ていねいにすすぎ、保湿もたっぷりと。

ニキビができてしまったら肌を清潔に保ち、保湿をしっかりすることが大切。スキンケアの基本をきちんと行いましょう。

洗顔料はよく泡立ててから、できるだけ肌に刺激を与えないようにたっぷりの泡を転がすようにして洗い、ていねいにすすぎます。特にシャンプーなどのすすぎ残しも刺激になることがあるので、髪の生え際やフェイスラインなどはすすぎ残しの無いよう、よく洗い流しましょう。洗顔後は低刺激な化粧品で特に不足している水分をたっぷり補い、オイルコントロール効果のある保湿乳液やニキビ用部分美容液などでオイルバランスを整えます。

スクラブ洗顔は過度にすると角層を傷つけることもあるので、敏感肌のニキビケアとしてはおすすめできません。また、角層のターンオーバーをスムーズにする意味で、ピーリングなどの施術を勧められる場合もありますが、これは敏感肌にはおすすめできません。ニキビが中等度から重症になったら迷わず医師の診断を仰ぎましょう。

BACKNEXT