肌ケア情報

シミ・ソバカス

紫外線を浴びないことが何よりも大切!

シミやソバカスは、紫外線などの影響によって、皮膚の色をつくっているメラニン色素が肌に部分的に増加して、とどまっている状態のことです。紫外線を浴びた肌は、紫外線によるダメージを防ごうとする防御反応の一環としてメラニンをつくりだし、過剰な光を吸収して紫外線をさえぎる働きをしています。つまりメラニンが生成されるということは、言い換えれば「もうこれ以上は紫外線を浴びないで!」という皮膚からのサインです。それを無視して、さらに紫外線を浴び続けると、サンバーンなどの重大な肌トラブルが起こり、免疫系まで傷つくことになってしまうので注意が必要です。

また、妊娠中やストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れ、メラニン色素が濃くなることや、ニキビなどの肌トラブルの跡が肌に残る場合もあります。

洗顔後、角層に水分と油分を補う
シミ・ソバカス肌のスキンケア。

シミやソバカス対策は、メラニン色素を「増やさない」「薄くする」「スムーズに肌の外に出す」ことが大切。まずは低刺激な洗顔料で肌に必要なうるおいを残しながら肌の汚れや老廃物、メラニン色素を含んだ余分な角質を取り除きます。

洗顔後、角層に水分と油分を補いましょう。日ざしを浴びれば肌はメラニンをつくろうとします。紫外線対策あっての美白ケアと心得て、上手にメラニンとつきあう気持ちで。外出時は必ず日やけ止めを使用して、紫外線によるトラブルから肌を守りましょう。

BACKNEXT