EAU THERMALE Avene アベンヌ
  • {"isDispOgImage":true,"dispSearchNum":"10","searchFormDesign":"2","a":"iSiRAI0CswTB7wX5KpQX/wOrpmogHOCs4LZSnkQ4Zde9iiUVkeRiO4fORhiJzMQS7FOtEdNlJkTiiE94Gojpsw==","t":"0001631797546074","entId":"undefined"}
  • 取り扱い店
  • お問い合わせ
  • 医師の皆様へ
毎日のスキンケア

赤ちゃんのスキンケア

毎日のスキンケア

赤ちゃんから幼児のスキンケアを選ぶ基準は、肌へのやさしさ。

薄くて敏感なお子さんの肌に必要なのは、肌を清潔にし、やさしく守るスキンケア。必要なうるおいを残しながら、汚れやすいお子さんの肌を清潔に保つ洗浄料や、うるおいを保ち、肌に負担をかけることなく日差しや乾燥から肌を守るケアを選びましょう。

赤ちゃんの肌には刺激がいっぱい。
すっきり清潔にして、刺激から肌を守りましょう。

ミルクや食事、汗、おしっこ、赤ちゃんの肌には刺激がいっぱいですね。とても汗っかきな赤ちゃんには、特に四肢の付け根、首、膝や肘の内側など、アベンヌ ウオーターをスプレーしてからそっと拭いてあげましょう。ミルクや食事の後のお顔にもアベンヌ ウオーターをスプレーして、ティッシュややわらかいタオルで拭き取るようにしてみると、刺激が和らいで肌もすっきり。
またおむつ替えの時もアベンヌ ウオーターをスプレーしたティッシュなどで拭いてあげると、肌への刺激が少なく、うるおいを守ります。寒い季節は、暖かいお部屋でつけてあげるなど、工夫してくださいね。

お風呂大好き!
洗浄料は、肌にやさしく刺激の少ないものを。

ほとんどの赤ちゃんは、お風呂好き。温かいお湯に包まれて、やさしい手で洗ってもらうこの時間は、気持ちいい時間のはず!
赤ちゃんが小さいうちは、どこまで力を入れて洗っていいやら、洗浄料はどれくらい使えばいいやら、悩んでしまいがちですが、目や耳に入らないように気をつければ、後はしっかり洗ってあげて大丈夫。
お子さんには低刺激のスキンバランスフォーム SS nで顔も頭も、ボディもしっかりていねいに洗ってあげましょう。大人の洗顔と同様に、すすぎ残しのないように気をつけて!

忘れがちな赤ちゃんの保湿ケア。
肌にやさしいものを選んでママと一緒に。

ついつい忘れがちですが、赤ちゃんの肌にも保湿ケアを忘れずに。
トリクセラNT フルイドクリームは、敏感な肌にもお勧めなので赤ちゃんの顔にもボディにも使ってあげてください。お風呂上がりやママのお手入れの時に一緒に「キレイ、キレイ」してあげれば、赤ちゃんはきっと大喜び。顔を拭いたりした後にも、軽くひと塗りしてあげてください。アベンヌ ウオーターで、肌を整えてから使えばより効果的。
赤ちゃんにはママの手がいちばん。やさしくタッチしてあげましょう。

年間を通して気になる紫外線。
敏感なお子さんの肌、しっかり守って。

お日様もお外も大好きなお子さん。紫外線のダメージを受けないよう、肌への刺激の少ないサンケアで、しっかり肌を守ってあげて。アベンヌのアーバンプロテクション UV フェイス&ボディなら肌にもやさしく3歳から使えて、石けんで落とせるのでお子さんにもおすすめです。

バランスのとれた食生活

バランスのとれた食生活

ハリのある元気な肌は、お肉やお魚、豆類が作ってくれる!?
質の高い睡眠

質の高い睡眠

ぬるめのお風呂やストレッチが効果的!
適度な運動

適度な運動

適度なストレッチで、すこやかな肌をつくりましょう。
手肌と唇に、高保湿

今日からできる「毎日にひと工夫」

お風呂や足湯、ストレッチが、美肌への近道!?

カテゴリーから探す

お肌作りは健康から

お肌作りは健康から

心もお肌も健康になれる生活改善の
ポイントをご紹介します。
 

肌悩み別対策

肌悩み別対策

あなたのお肌の悩みにあった、
日々の過ごし方とお手入れの仕方を伝授します。
 

赤ちゃんとママのスキンケア

赤ちゃんとママのスキンケア

プレママ&ママのお肌の悩みと、
敏感な赤ちゃんにもアベンヌ。
 


About Skin Care

スキンケアについて